フリーランスはライターがおすすめ

  • フリーランスはいかにつながりを作るのかが重要

    • 宣言した瞬間からなれるフリーランスは、いかに仕事上のつながりを作るのかが重要です。

      仕事を出してくれるクライアントを増やして、毎月の生活費を支払うだけの収入を得ることが当座の目標になります。



      でも、何らかのスキルがあり、それを活かした仕事を請け負えるからこそ、フリーランスとして独立するのだから、下積みの段階での付き合いなどで仕事を紹介してもらえる程度の基盤はできているケースが多いです。
      逆に言えば、生活の目処が立ったので、改めてフリーランスとして活動を始める構図になります。自分だけでこなせる執筆などの仕事がフリーランスの代表格であり、基本的に大規模な設備や仕入を必要としないことから、事務所として行政機関に申請できる拠点ぐらいで独立可能です。

      同業者での仕事の融通がよくあるのも、独立しているフリーランスによくある光景で、関連業務のプロも合わせると、単価が高くて良い仕事はほぼグループ内で消化されています。



      起業してからすぐの時点では、それまで勤めていた会社からの下請けや、趣味や業界の集まりによる個人的な関係といったルートから仕事を紹介してもらうのです。

      ある程度の実績ができてくると、依頼したクライアントからの口コミや、WEBサイトに掲載している実績からどんどん新しいつながりが増えていきますが、ベースとなるつながりの重要性は変わりません。
      業界内で注意するべき人物などのリアルタイムの情報は、やはりいずれかのグループに入って、定期的に会っていないと得られないので、できるプロは色々な会合に顔を出しています。

      利便性を重視したMBSニュースに関する詳細はこちらです。