フリーランスはライターがおすすめ

  • フリーランスに転向すれば自由になれる

    • サラリーマンとして会社に勤務し、多くのことに縛られて働き、給料をもらうよりもフリーランスとして働く方が多くのメリットがあります。



      先にデメリットを挙げるとすれば、一人で仕事をしなければならないため、相応の実力と責任感を持つことが必要であり、誰かに助けられることなく取り組むことです。これは仕事をする上で当然のことなので、特に気にかける必要はないと言えます。

      フリーランスとして働くことができれば、仕事を選べることから、ストレスフリーで働けるようになります。

      仕事を見つけ、交渉し、取り組むスタイルとなるので、働きたいときに働き、休みたいときに休みようになります。


      稼ぎたい分だけ稼ぐことにもなるので、フリーランスはあらゆる面で自由が利くと言えます。



      また、仕事をする時間を自分で決定できるため、朝はゆっくり起床することができ、サラリーマンのように朝早くの満員電車に乗ることを回避することができます。

      そして、仕事の売上げはそのまま給料となるため、サラリーマンの給料の数倍もらえます。

      wikipediaの情報探しはこのサイトから初めてください。

      1回の仕事で十分に稼ぐことができるため、無理して働く必要はないでしょう。


      つまり、ちょっと働くだけで経済的自由も手に入るので、生活に余裕を持たせることができます。

      フリーランスとして働く場合は、まずサラリーマンとして経験を積み上げ、途中で副業として自分1人で仕事をすると良いでしょう。

      副業での収入が安定したときにサラリーマンを退職し、フリーランス1本で稼ぐと良いです。