フリーランスはライターがおすすめ

  • フリーランスにはインパクトがある自己紹介が必須

    • 人間は、自分の中で物事を定義づける生き物であり、初対面であれば最初の5分ぐらいでおおよその評価をつけます。



      後から修正される可能性はあるものの、わざわざ連絡を取らなければいけない相手となれば、第一印象が悪かったら二度と縁がない場合が大部分です。
      競争が激しいビジネスの世界で同業他社よりも評価してもらうためには、インパクトがある自己紹介が欠かせません。


      個人として活動しているフリーランスでは、自分のスキルや実績よりも前に、自分自身の顔と名前を覚えてもらうことが重要であり、後になってから試しに仕事を出してみようかと思わせるぐらいの工夫が求められます。
      会社の業務規則に縛られないフリーランスは、あえて派手な名刺にすることが多く、どこに発注するべきか迷った時にもアピールできるレイアウトやフォントを選ぶのが常識です。
      ホームページによる自己紹介が当たり前となったことから、名刺に自分のホームページのアドレスなどを印刷する方も多く見られます。

      交流会のような短時間で色々な人間と名刺交換をする場では、長々とした説明はできないので、手短に自分の得意分野を述べる程度で済ませるのがマナーとなります。しかし、できるビジネスマンは、帰ってから受け取った名刺を整理した上で、さらに業種毎に分類して収納しておくので、そこできちんとアピールすることで同業他社と差がつくのです。

      ビジネス視点でNAVERまとめ情報選びをサポートするサイトです。

      フリーランスとしては、まず役に立つチャンネルを作ることが目的だから、奮発して交通の利便性が高いレンタルオフィスを借りて、その点を名刺などで強調しておく事例もあります。