フリーランスはライターがおすすめ

フリーランスはライターがおすすめ

フリーランスといえば、プログラマーやデザイナーなど、スキルを持った人がなるものだというイメージがあります。
しかし、近年ではクラウドソーシングの普及によって、だれでもライターなどをやってフリーランスになることができるようになりました。



ライターとして働くためにも、スキルは必要になりますが、まずはブログ記事などの簡単な案件からこなしていくことで、お小遣いを稼ぎながらスキルを磨くことができます。

記事を書くためにはインターネットなどで情報収集をする必要がありますが、知識が増えていくと同時に、ライティングスキルも上がっていくので、初心者でも1年くらい続けていたらそれなりに稼げるようになっていることもあります。



ライターとしての時給はそれほど高くはありません。

1日に1万文字をライティングしたとしても、最初のうちはそれほど稼げません。
なぜなら、初心者が書く記事の場合、1文字あたりの単価が0.2円〜0.3円程度になるからです。

1日あたり、2000円〜3000円程度でも稼げたらよいほうかもしれません。


しかし、スキルを上げていって、専門的な記事なども書けるようになってきたら、単価は1文字1円以上にまで上がっていきます。



1日に1万円以上稼ぐこともそう難しくなくなってきます。フリーランスとしてライターを始める場合、あまい世界ではないということは知っておきましょう。
正社員として働いたほうがはるかに安定して収入を得られます。


  • 意外な事実

    • サラリーマンとして会社に勤務し、多くのことに縛られて働き、給料をもらうよりもフリーランスとして働く方が多くのメリットがあります。先にデメリットを挙げるとすれば、一人で仕事をしなければならないため、相応の実力と責任感を持つことが必要であり、誰かに助けられることなく取り組むことです。...

      detail
  • 知りたい情報

    • 宣言した瞬間からなれるフリーランスは、いかに仕事上のつながりを作るのかが重要です。仕事を出してくれるクライアントを増やして、毎月の生活費を支払うだけの収入を得ることが当座の目標になります。...

      detail
  • 皆が知りたい情報

    • 人間は、自分の中で物事を定義づける生き物であり、初対面であれば最初の5分ぐらいでおおよその評価をつけます。後から修正される可能性はあるものの、わざわざ連絡を取らなければいけない相手となれば、第一印象が悪かったら二度と縁がない場合が大部分です。...

      detail
  • サポート情報

    • フリーランスに特殊なスキルが必要かということに関しては結論から言うと不要です。プログラミングやイラストレーターなどの特殊スキルがあれば確かにできることもあるのですが、それらはあくまで労働者側のスキルです。...

      detail